蓄膿症の改善方法

蓄膿症について

蓄膿症とは鼻の中の副鼻腔に炎症が起こっている状態の事をいいます。
また最近では副鼻腔炎と呼ばれることも多いようです。
炎症が引き起こり、副鼻腔の中に膿が段々と蓄積さ溜まってきて、その膿や鼻汁が喉の方まで流れてしまうと不快な臭いが発生する場合があります。
この臭いは自覚できない事も多く、他者に言われてやっと気が付くこともあります。
蓄膿症には急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の2つの種類があるのですが、症状の特徴に違いがあります。
急性副鼻腔炎は風邪によって細菌感染された場合が多く、鼻水や鼻の痛み、喉の腫れなどの症状が主になります。
急性副鼻腔炎の場合は回復するのにそれほど時間がかからないという特徴があります。
慢性副鼻腔炎の場合は副鼻腔の粘膜に引き起こる炎症が鎮まらない事で認識されたり、急性副鼻腔炎を何度も引き起こしたり、そのまま放置していたことがきっかけで認識されるようになります。
症状の主なものとしては鼻づまり、鼻汁が止まらない、鼻汁が喉の方へ流れ込んでしまう後鼻漏というものが挙げられます。
慢性副鼻腔炎の場合は急性副鼻腔炎よりも回復するためには長い時間がかかると言われているのです。
しかし急性、慢性どちらを発症したとしても、必ず治りますので安心してください。
ただ蓄膿症の状態次第でかなり長い期間、治療をしなければいけないこともありますが、焦らず、着実に治療を継続することで回復できるでしょう。

 

セルライトエステ
セルライトを確実に解消するならエステがおすすめ!